DV男はこんなヤツなんです!しっかりチェックしてくださいね。

オレンジみかんです♪

今回は、ちょっとコワイ、DVのお話しです。

パートナー間で起こる暴力、DV(ドメスティック・バイオレンス)は、社会的に深刻な問題なんですね。

DVと認められる行為は、身体的な暴力だけではないんです。

セックスの強要や、言葉や行動による心理的攻撃、脅迫も、DVとなるのです。

たとえばパートナーのことを、はげしくののしったり、人格を否定するような言葉などで傷つける、

パートナーが大切にしているものを壊したり、行動を監視し続けるなどもそれにあたるんです。

ここ数年は恋人同士の問でもデートDVといわれる被害が増えているんです。

平成17年に内閣で行われた

「男女間における暴力に関する調査」

によると、女性が恋入から、なんらかのDV被害を受けたことがある率は13・5%。

うちもっとも被害が多いのは20代で、22.8%にのほったんです。

被害の割合は、午代が若くなるに従って増えていて、未婚者間の暴刀は年々増加しているとみられているんです。

DVに走る男性の特徴は、幼稚な独占欲が強いことなんですね。

自分の妻や恋人が、

自分以外の異性と話をしたり、

自分が把握していない行動をすることが許せない、

というタイプなんです。

アメリカで行われたDV被害の調査でも、独占欲が高じると、暴力に向かう危険性が高いことがわかっているんです。

こうした男性は、最初は優しく相手に接っするんです。

マメに連絡をくれて、嫉妬から束縛するような行動をとられても、相手は

「自分は愛されているんだ」

と思ってしまうんです。

でも、いずれその嫉妬は常識の範疇を超えたものとなって、DVに及ぶんです。

恋人が嫉妬深いタイプの場合、それは笑ってすませられる範囲のものかどうか、見極めが必要でしょうね。



全然ダメダメ社員だった私
起死回生のある方法を実践しただけで
全国NO1の成績を維持し続けることに
その実績を作り上げた、たった1つのノウ

もしもその方法の『全て』を詰め込んだメールを
無料で提供させていただきたいと言ったなら。

>>その続きはこちら

いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ