相手の「話したくない」サインを見破るコツとは?実例を書きました!

オレンジみかんです♪

誰にでも、触れられたくない話題や、話したくないことはありますよね。

もし、これから仲良くなりたいと思っている相手との会話の中で、

相手のそんなウイークポイントに触れてしまったら、

さりげなく話題を変えて気まずい雰囲気を作らないようにしたいものですよね。

でも、相手が話したがらないことになかなか気づかないで、

どんどんぬかるみにはまっていってしまっては、

おつき合いの入り口で、距離が開いてしまうんです。

そんなとき、相手が話したくないことに気づくためのサインがあるのです。

もっともわかりやすいのは

「答えるまでの時間の長さ」なんです。

ある話題について答えるまでの時間がかかればがかるほど、

それは意識の底に抑圧された、答えたくない話題だということなんです。

これをコンプレックス指標と言うんです。

コンプレックス指標のほかにも、その話を避けたいというサインに、

・相手の話をオウム返しするにとどまる

・見当違いの返事をする

・聞こえないふりをして答えない

・茶化して答えをごまかす

・苦笑して黙っている

などがあります。

こうしたサインに気づいたら、すみやかに撤退したほうがよさそうですね。

そして、親しくなった相手が自ら話してくれるようになるまで、そっと待ちましょうね。





いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ