男性より女性のほうが、友情が恋に変わる確率が低いって知ってますか

オレンジみかんです。

その気持ちは、

ライクorラブなのか・・・

気になる異性と接するとき、自分に問うときはありませんか?

友だちだと思っていたのに、いつのまにか恋心に変わっていた

という話が、よく恋愛マンがなどに出てきますよね。

好きだと感じるその気持ちが、どういう意味を持つものなのか、

なかなか繊細で、ドラマチックな要素なのかもしれませんね。

心理学の調査によると、好意と恋の好きには、

はっきりとした区別が引かれているようなんです。

さまざまなデータを分析すると、好意としての好きは、

1、好意的傾向

2、尊敬的傾向

3、類似的傾向

の三つの要素から成り立つことがわかったんです。

それに対して恋愛感情である好きは、

1、親和・依存欲求・・・相手と一緒にいたい。一緒にいられないことが、とれも辛い。

2、援助傾向・・・相手のためなら、どんな犠牲でもいとわない。

3、排他的感所・・・相手のことを独り占めしたい。

という異なる三要素から成り立っていることがわかったんですね。

つまり、この二つの好きは、延長線上にあるというよりは、

まったく種類の異なる感情である、ということなんですね。

そして、この傾向は男性よりも女性のほうが強いことがわかったんです。

つまり、女性のほうが、

友情が恋に変わる

ことが少ないということなんですね。



全然ダメダメ社員だった私
起死回生のある方法を実践しただけで
全国NO1の成績を維持し続けることに
その実績を作り上げた、たった1つのノウ

もしもその方法の『全て』を詰め込んだメールを
無料で提供させていただきたいと言ったなら。

>>その続きはこちら

いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ