恋は障害があるほうが盛り上がるって知ってましたか?

オレンジみかんです。

前回お話しさせていただいた、

障害のある恋が盛り上がるは、

心理学的には、別の要因も説明されているのです。

喜びや怒り、悲しみなどの感情は、

整理的な興奮と、置かれている状況の、

二つの要因から決定されるんです。

生理的に起こっている興奮と、その理由として説明できる状況があって、

今はこうした理由で嬉しいんだ

こんなことがあって怒っているんだ

などと、自分の感情を認識することができる、

ということなんです。

ロミオとジュリエット効果っていうのを知ってますか?

シェイクスピア作品の中でも、かなり有名な恋愛戯曲ロミオとジュリエット。

対立する家同士の跡継ぎとして生まれたロミオとジュリエットは恋に落ちるんですが、

周りの反対から添い遂げられない運命を悲観して、

自ら命を絶つというストーリーなんですね。

恋の炎を燃え上がらせて散ってしまった二人なんですが、

心理学的分析からみると、周囲の反対があったからこそ、

そこまで激しく愛し合ったのだと言えるんです。

つまり、周囲の人々に反対されたことで興奮した感情を、

相手のことを激しく愛してるのだ

と認知したのだということなんです。

なので、反対や障害があればあるほど、

二人ね愛は激しい興奮状態となって、自ら命を絶つことを選んでしまったんです。

これを、感情の生理•認知の二要因理論というんです。

実際に心理学者が行った恋人同士の調査でも、

両親が交際を反対しているカップルのほうが、

そうでないカップルよりもロマンチック度が高い傾向があるという結果がでているのです。

反対されたからこそ、強く結ばれたというわけなんですね。





いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ