好きな人を惹きつけるには、尽くしてはダメだったんです!この戦法ならいけますよ?

オレンジみかんです♪

意中の相手に振り向いてもらうために、高価なプレゼントをしたり、頼みごとを率先して引き受けたりしたんです。

それなのに、相手は感謝の言葉を並べるだけで、恋愛感情にまでは発展しない。

こんなケースをよく見かけるんですが、実はこの戦法はあまり効果的とはいえないんですね。

はるか昔のパブル時代に数多く生息していた.ミツグ君の例のように、相手からは単なる

「親切な人」、もしくは「使える持ち駒」として認識されるだけで、

それ以上の発展は期待できないんですね。

さらにいうなら、このやり方を続けていると、ふとした折に相手の頼みごとを断ったときには大きな不満を感じさせてしまうこともあるのです。

日頃から献身的な態度で尽くしていた人が、ちょっとでも冷たい素振りを見せると、

人というのはえてして「いつもは手伝ってくれるのに、嫌なヤツだな」

などと思ってしまいがちになっちゃうんです。

今まで手伝ったことなどすべて帳消しになるばかりでなくて、

印象が大きなマイナスに転じてしまうという、

何とも理不尽なことになってしまいかねないんですね。

そこで、相手に恋愛感惰を抱いてもらいたいのなら.実はこのミツグ君の手法とはまったく反対のやり方で攻めた方がいいんです。

相手にプレゼントをしてもらったり、率先して手伝ってもらったりするのです。

人間というのは面自いもので、他人にプレゼントをしたり、あるいは親切にしてあげたりすると

「実は私、あの人のことが好きなのかも」

といった錯覚を起こしてしまうのだというんです。

これは、「何の感情も抱いていない相手に対して労力を割く」

ことに矛盾を感じるため、といわれているんです。

そして、この矛盾した状態というのが人間にとっては居心地の悪いもので、自分の中での解決を試みようとするのです。

その結果、「なぜ、私は何とも思っていない相手に力を貸しているのか」

「この人のことが好きだから」

と思ってしまうんですね。

つまり「好意を持っているから親切にする」を逆にたどるかのように、「親切にしたのだから、

「好意を持っている」

と、錯覚してしまうわけなんですね。

恋愛感情を抱かせるには、相手に尽くしてもらうようにするのが最も効果的なんです。

この心理戦術をあの時代のミツグ君たちが知っていたら、当時の風景もまた違った不思議な様相を呈していたかもしれないですね。



全然ダメダメ社員だった私
起死回生のある方法を実践しただけで
全国NO1の成績を維持し続けることに
その実績を作り上げた、たった1つのノウ

もしもその方法の『全て』を詰め込んだメールを
無料で提供させていただきたいと言ったなら。

>>その続きはこちら

いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ