好きな人を射止めるなら、まず嫌われよう!

オレンジみかんです。

恋人同士となった二人が、いつも始めから好意を持ち合わせているかといえば、

そうとばかりはいえないようなんです。

第一印象は、ちっともよくなかったのに

とか、

まさか、付き合うことになるとは思わなかった

などということも、よくあることなんです。

とはいっても、すべてのイヤな奴が、恋人に変わるわけではないんですね。

では、キライがスキに変化するには、どんな力が働いているかわかりますか?

それは、嫌いな相手のときのほうが、

その印象が変わったときの振れ幅が大きいという事情が作用しているのです。

誰かを嫌いだと感じたとき、その人への評価は、

最低ラインになっているんですね。

こういう状態のとき、なにかのきっかけで相手のいいところを知ると、

好意的にとらえる感情がより強く働くのです。

怒鳴ってばっかりで怖い人だと思ってたら、優しいところがかあった

とか

いつもムスっとしていて取っつきにくかったのに、本当は気遣いができる繊細な人だった

などという場合、普通に、

優しい人だな

気配りのできる人だな
と感じたときよりも、大幅な好感度アップになるんです。

なにしろ、もとがゼロ地点ではなく、マイナスからの出発なので、

その差も大きいわけなんですね。

その大きなイメージ転換が、スキにつながっていくのです。

つまり、キライがスキに変化するのは、相手が変わったからではなくて、

自分の側のとらえ方、感情が変化したからなんですね。

これを、好意の獲得ー損失効果というんです。





いま、好きな人がいるあなたへ

好きな人があなたのことを
好きか?嫌いか?一瞬で見抜く方法!
ちょっとだけ、知りたくありませんか?

その答えは、プロフィールに書きました!
8/30までの限定回答です!お見逃しなく!!
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サブコンテンツ

オレンジみかん

オレンジみかん

たった3分間で読める!いちばんやさしい恋愛心理学管理人のオレンジみかんです。
恋愛の悩みを解消して、楽しい毎日を過ごしましょうね。

このページの先頭へ